プチ断食で腸をきれいに。

プチ断食とは、1日~2日程度の短期間絶食することで腸をきれいにし、

代謝アップ・体内のデトックス・ダイエット効果を得られる健康法。

「プチ断食」という言葉、一時期流行りましたよね。

今は「ファスティング」って言い方の方が定番でしょうか。

ファスティングはいろんなメーカーが出している、酵素ドリンクを使ったダイエット方法として知られていますよね。

なんだか聞いたことがあるけどどんな効果があるのかよくわからない、、、という方も多いのでは。

実際に、どんなダイエットであり、どんな効果があるのかまとめてみましょう。

★ダイエット効果

・プチ断食によって体内に蓄積された糖質を使い切り、体の中が空っぽになった状態で初めて脂肪がエネルギーとして使われる。

・日々の生活で酷使している胃や腸を休ませ、からっぽにすることで本来の自然治癒能力を高め、新陳代謝がアップする。

 

★デトックス効果

・日々の間違った食生活で肝臓の機能が低下し毒素(食品添加物、薬品、貴金属などの有害物質)などを貯めこんでいる場合、

プチ断食によって脂肪と一緒に毒素が燃焼されるとともに肝臓の機能も回復される。

 

★免疫力の向上

・断食により内臓が休まり、腸内環境が整うと、免疫力の担い手である血液中の白血球などが活性化。

 同時に断食中は、普段食べ物の消化に使われているエネルギーが免疫系と組織再生のプロセスに回るので、免疫力が向上し、弱った細胞も正常に生まれ変わる。

 

★腸内環境のリセット

・腸内環境の乱れは肌荒れやアレルギーの元凶とも言われており、腸内環境をリセットすることにより、善玉菌が増えてアレルギー改善・美肌効果につながる。

 

★便秘解消

断食中は排泄力が高まるため、腸内に溜まっていた老廃物や食べ物のカスが排泄される。

 

こんなに多くの効果がもたらされるんです・・・♪

きっとどれかひとつは、悩んでるものがあるのではないでしょうか?

 

プチ断食によって身体の新陳代謝を良くし、脂肪が燃焼しやすい身体をつくり、

ついでに便秘も改善できます

 

プチ断食=ダイエットととらえがちですが、こうした体のリセットは様々な効果があり、体質改善の基本となる考え方といえます。

その結果、脂肪が燃焼したり、

自分の体の変化に敏感になるため、脂質の多い食事を好まなくなり痩せることができるのです。

 

しかし、プチ断食をするべきではない人もいます。

 

ケトン体という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

以下、「ためしてガッテン」からの引用です。

脳はブドウ糖で動いている、血液に乗って栄養が運ばれてくるが
長い時間空腹でいると血液中のブドウ糖が滞りエネルギー不足になってしまう。
そこで肝臓で脂肪酸をケトン体という物質に変えて、
ブドウ糖の代わりの脳へのエネルギー源にする。
だから断食すると血液中の中性脂肪が下がり、ケトン体数値が向上し体重も減る。

体内は、このような仕組みになっているわけですね。

このケトン体、脂肪を燃焼してくれる素敵な効果がありますが、

このケトン体という物質が急に増えすぎると意識障害などの中毒症状を起こし、

死に至る場合もあるそうです。
特に10歳以下の子供と糖尿病患者は、
急な断食で中毒症状になる確率が高いそうですので、やめておいた方がよいと思います。

 

また、健康な大人でも、

急な糖質の低下により

・下痢・軟便、便秘
・眠気・だるさ
・吹き出物
・吐き気、頭痛、微熱
・胃痛、背中の痛み

に襲われることがよくあります。

これは普段、毒素を多くため込んでいる人ほど起きる症状で、好転反応であるといわれています。

何度もプチ断食を繰り返し体が慣れている人や、

普段小食の人などは、何も好転反応が出ない場合もあるようです。

 

私もプチ断食をした際に、実際に頭痛や眠気を体験しましたが、

あらかじめ好転反応だと知っていたから乗り切れました。

正しい知識を持つことは大事なことですね。

いずれにせよ、あまりにつらいようであればやめた方がいいと思いますし、好転反応なのかそうでないのか、素人に完全に判断することはできません。

絶対に無理をせず、健康になるためのプチ断食だということを忘れずに実行しましょう。

⇒プチ断食の記録。

 

 

コメントを残す




関連記事

プチ断食の記録

Menu

HOME

 TOP